パレットリンクさんがアジャイル現場見学に訪れました。

2/5 名古屋でシステム開発をされている、パレットリンクさんから、堀内さん、中垣さん、石黒さん、倉橋さんが、福井の永和システムマネジメントに来社され、アジャイルスタジオ福井(ASF)を見学されました。

“入って右側の壁一面のホワイトボード、壁掛けのモニターによる進捗の見える化、大きなモニターで開発している様子、掘りごたつ式の和室など、開発者にとって心地よい環境を目指しているのが大変伝わりました。 朝会アジェンダやワーキングアグリーメントなど、真摯に取り組まれている様子が感じることができよかったです。 ASFは、ベテランエンジニアの方が多く、アジャイル開発のプロフェッショナル集団だと感じました。”

弊社のことをよくご存知で、オブジェクト倶楽部(現オブラブ)やastah がJUDEと呼ばれていた頃の話も出て懐かしいお話をされ、同じソフトウェア開発を良くしようと思われている同志としてアジャイルのディスカッションをさせて頂きました。

iJsfTUGrTEKBz37eFXhmIA_thumb_88d.jpg
チームの働きかたを話する、岡島ディレクター

リモート開発を謳い文句の1つとしているASFでは、全国にエンジニアが散らばっています。もちろん福井の同じ場所で働いている人もいますが、プロジェクトによっては数カ所に散らばる場合もあります。この地図は、チームごとに誰がどこにいるのかを、日本地図によって示したものです。ちょっとしたことですが、一体感を増す工夫です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_88e
顧客と相談し、請負のウォータオーフォールをスクラムに改変中

会社の中には、アジャイル開発ではない請負ウォーターフォールの開発も多数存在します。写真は、その中でも顧客と協調しながら、スクラムにやり方を変えていくチームの例です。

橋本からは、実プロジェクトをアジャイルに変えていく事例も時間をとって説明しました。みなさんご興味を持たれたようで、熱心に質問されていました。

また、同じ社内に同居している、チェンジビジョンでは、astah の開発と世界マップ(世界の ユーザ = Friends of astahを示す地図)も見ていただき、世界に愛されるツールを目指している様子を感じてもらいました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_88f
Friends of astah の世界地図

最後に、写真を屋上で。福井の景色をみながら。。。

unadjustednonraw_thumb_891.jpg
パレットリンクの、堀内さん、中垣さん、石黒さん、倉橋さん、ASFの岡島、中本、平鍋

ASF では見学も受け付けています。こちらからどうぞ。 https://asf.esm.co.jp

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s