Agile Studio Fukui オープン!

福井の永和本社に、「Agile Studio Fukui」を開設しました!少し、ここにかける思いを語りたいと思います。 これまで 永和システムマネジメントは福井が本社であり、東京の神田に支社があります。支社には「アジャイル事業部」があり、そこでは Ruby と Agile を使ったWebを中心とする受託開発をやっています。また、コンサルティング(アジャイル、ソフトウェアエンジニアリング)部隊があり、多くのお客様に教育やコンサルティング、コーチングを提供しています。ここ10年で、200社以上にアジャイル開発のお手伝いをしてきました。 最近、DXという言葉が多く聞かれるようになり、既存大企業の中でもイノベーションやPoCの場面でアジャイルを志向する企業が増えて来ました。そんな流れがあり、Jeff Sutherland の作った Scruminc社、日本でアジャイル内製をはじめた KDDI と組んで、スクラムの教育/導入支援をスタートしました。 一方、福井でもリモートでアジャイルの受託開発、あるいはお客様と一緒にチーム開発する場面が増えて来ました。また、福井には AWS/GCP/G Suite などが得意なエンジニアが多くなり、クラウド基盤でのアジャイル開発が急激に増えました。この機に上記スクラム教育を受けたScrumのエキスパート、昔から得意な G Suite エキスパートが福井にそろいました。 やりたいこと ビジネスを加速するソフトウェアづくりを、お客様と一緒にアジャイルチームを作ってやりたい。福井でやりたい。 これが中心です。今回、岡島幸男さんがASFのディレクターです。ソフトウェア開発は工業でなく、クラフト(工芸)である、というコンセプトで「スタジオ」という名前をつけています。エンジニアは、プロフェッショナルで、パッションを持って仕事をしています。 何をやってる? お客様のイノベーションに関わるソフトウェアの開発を、アジャイルでやっています。お客様とリモートで常時会話しながら開発を進めています。 例えば、NTT西日本さんと peels という睡眠改善と教育効果を上げるアプリケーションを開発しています。仕様を硬く決めてスタートするのではなく、市場探索型です。できたものを見ながら、方向を修正しながら開発していきます。が なぜ福井? ここからは、少しローカルな話です。 私自身が福井県大野市に住んでいる、ということもあります。私は東京で最初に就職して、福井にUターンしました。現在は東京と福井を往復する仕事のスタイルを取っていますが、やはり、福井で仕事ができることを幸せに感じます。 福井は土地柄・文化としてとても面白い場所です。最近は「チアダン」、「ちはやふる」などで有名になりましたが、「福井モデル」という言葉があるくらい、働く場所としてユニークです。例えば、一世帯には三世代(祖父母、父母、子供)が同居していることが多く、一世帯あたりの収入が一番多いのです。共働き率も高く、教育レベルも高い。待機児童ゼロ。そして、幸福度が一番高い県として知られています。 しかし、ITの仕事がたくさんあるわけでなく、首都圏に多くのエンジニアの卵が就職していきます。私自身もそうでした。 福井にいながら、首都圏と繋がって、よい環境で仕事ができる、プロフェッショナルな技術者をたくさん採用、育てたいのです。U/Iターン含め、中途採用も活発化し、通年でプログラマを採用していきます(採用ページ)。 これから 福井で採用を進めると同時に、アジャイル開発での探索型ビジネスづくりに興味があるお客様と、この地を盛り上げていきたいと思います。当社のメンバーは東京と福井に分散していますが、それを逆に強みにし、また、Scrum教育サービスとのシナジー、KDDI DIGITAL GATEとのシナジー、なども視野にいれて活動していきます。 “福井アジャイル開発センター、永和システムマネジメントには、クラウドとアジャイルに精通したエンジニアがそろっています。KDDI DIGITAL GATEにおいても、今後の日本のデジタル革命を担うパートナーとして、連携し、共に成長していきます。”   KDDI DIGITAL GATE センター長 山根隆行 DXでのアジャイル開発に興味のある方、また、エンジニアとして福井で働いて見たい方、ご連絡ください! 他の関連記事 チアダンに続け!アジャイル開発の老舗が福井に新拠点https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01059/ アジャイル開発でビジネスのDXを加速させるリモート開発拠点を福井に開設https://www.esm.co.jp/news/000110.html デジタル活用を阻む「PoC貧乏」、脱出の鍵はアジャイル https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/100100153/  

Read more "Agile Studio Fukui オープン!"

Thank You AgileJapan 2018

10周年を迎える Agile Japan が開催されました。550名を超える方に来場いただき、本当にありがとうございました。初めて参加される方が400名という現象にもあらためてびっくりしています。 今回は、歴代の実行委員や参加者の方々をおよびしたり、ワークショップをたくさん入れたり、いろんなスポンサーを増やしたり、といろんな工夫をしています。私は初代実行委員長ですが、今回の運営にはあまりタッチしていませんでしたが、こんなにも成長したカンファレンスに嬉しい限りです。 基調講演1(Woodyさん) Mob Programming の開祖である Woody Zuill さんです。実行委員の安藤さんが切望した招待に、川口さんに協力していただき、実現できたキーノートです。 内容については、こちらが詳しいです、@takaking22 さんありがとうございます。(takaking22さんのブログ ) 当日、「会場に通訳できる方いませんか?」という問いかけがあり、急に通訳を担当することになりました(茶番wと言われましたが、その通りですw。実際には過去の彼のプレゼンビデオを見たり、当日朝に彼と一回通しで流して見たり、結構準備には時間がかかっています。) 毎年、逐次通訳を入れると情報量が下がるので、今回は初参加の方も多いと聞いて継続することにしました。(今回私の出番はほぼここしかないし!) 彼は、講演が始まる前に、こんなことを言っていました。 私は、何か正しいことを教えに来たのではない。私の経験からわかって来たことを話したい。それをやるもやらないも、みなさんの自由。新しい変化は内部から起きないといけない。組織で新しいことをやるとき、組織の今までのやり方と衝突が起きる。これは、組織の文化が持つ当然の反応で、ある種の免疫反応。もし、外から新しいものが入って来て、それが組織を塗り替えてしまうのであれば、その組織は、細菌に犯されて死ぬことになるだろう。アジャイルも細菌と同じ。変化は内部から、自然なモチベーションで起きないと、その組織のアイデンティティがなくなる。変化を拒むか、変化に順応して内部から変わるか、あるいはその変化自身に犯されて死んでしまうか。 私自身は、内部のモチベーションを持った人によって、組織が徐々に外界に適応していくのだと信じています。そのために、Agile Japan をやっています。 基調講演2(川鍋さん) 今回、私がもっとも感動した講演です。漆原さんに協力いただき、Japan Taxi のはじまり、ビジネスの考え方についての、パッションと愛に溢れたお話しでした。日本ではタクシードライバーの高齢化が進み、タクシー業界は本当に薄利で厳しい産業。職場のIT部門も本当に小さい。その中の一人のエンジニアからはじまった全国タクシーという Uber に対抗したサービス。会社を独立させ、トヨタから出資を受け、既存の文化と新しいITの文化の両方を「お互い大事」として経営されている。私も一経営者とても啓発されるセッションでした。漆原さんの話しの引き出し方もうまく、本音トークが存分に聞けました。 参加した木下さんもこんな感想をもったそうです(木下さんのブログ)。ぼくも途中、最前列で感極まって泣きそうでした。 講演 「ここは、あとでかく」。 懇親会 古くからこのコミュニティに参加されている方、紹介で来ていただいた方、ポジティブなフィードバックをたくさんありがとうございます。来年もまた来てください! 組織が、内部から変わっていくために、みなさんのエネルギーが必要です。来年はまた事例セッションの公募を復活されるかもしれません。そこでの発表をお待ちしています。 運営委員のみなさん、本当にお疲れ様でした!今年も楽しかったね。(写真は、いつものキメポーズ、A J です。)

Read more "Thank You AgileJapan 2018"

Eclipse Collections Visualized

Eclipse Collections is a great alternative Java collections framework, which is more type-safe,  easy-to-write, and efficient than standard java.utils Collections. I have been a longtime fan of its clean and symmetric API, designed after Smalltalk’s “internal iterator” concept integrated with compile-time immutability type-safety. Here’s my first take on “Eclipse Collection Visualized.” I’ll be preparing Factories, Parallelism, […]

Read more "Eclipse Collections Visualized"

清水吉男さんとの思い出

清水吉男さんが亡くなられた。 ぼくが2001年頃、XP(Extreme Programming)について熱っぽく語っていたところ、横からチャチャを入れてきた「あんちゃん」というのが最初の印象だった。ソフトウェアエンジニアリングの考え方をしっかり持っておられて、その上での議論だったので、何度か掲示板で議論したあと、意気投合して、オープンでやりませんか!と挑んだ覚えがある。ぼくも真剣に議論できる人が欲しかった。XDDP も清水さんに言わせれば「XPの間にDDを挟んでやったんだ、参ったか!?」だそうだ。 2001年のオージス総研主催のObjectDay2001にて、清水さんとパネルディスカッションで議論した。XP擁護派 vs. XP懐疑派、というパネルで、オージスの藤井さん(現エンタープライズアジャイル勉強会の首謀者)がモデレータだった。その時のパネリストを晒す。(リンクはこちら。) 司会 藤井拓(オージス総研) 擁護派 長瀬嘉秀(テクノロジックアート) 平鍋健児(永和システムマネジメント) 石井勝(アイザック) 梅澤真史(オージス総研) 懐疑派 藤野晃延(インアルカディア) 清水吉男(システムクリエイツ) 渡辺政彦(CATS) 竹政昭利(オージス総研) びっくりすると思う。Rubyistでありオブジェクト設計原則を広めた故・石井勝さんや、Smalltalkerの梅澤さん、長瀬さんが擁護派であり、懐疑派には尊敬するフジノさん、そして、かの日の清水さん。他にもCATSの渡辺さん、オージスの竹政さんにお願いをした。実は懐疑派のみなさんは、よくアジャイル(このころこの言葉はなかった)を理解されている上での話だった。 レポートには、現在も繰り返されている、アジャイルへの疑問がそのまま書かれている。大規模適用、ドキュメント、計画との整合、、、なんだか時代を反対方向にタイムリープした感覚を受ける。 清水さんとは、その後、SWEST, AFFORDD,SQiP等でも何度もお話をさせていただき、根本レベルで意気投合していたと思う。アジャイルや派生開発が、どうこうではなく、世界を変えるとはどういうことか、エンジニアリングと人の関係はどうあるべきか、そもそも、そういうことを考えることの「個人的な勇気」について。 このあたりは、古畑慶次さんや林好一さんなどはよくご存知だと思うし、このお二人との出会いは清水さんに頂いたものだと思う。 もう少し清水さんの思い出を。 派生開発推進協議会(AFFORDD)2015での基調講演を依頼されたとき、いただいたメールを許可を得ず、転載する。 チェンジビジョン 平鍋さん 派生開発推進協議会(AFFORDD)の清水です。 ご挨拶が遅れましたが、来年度の派生開発カンファレンス2015の基調講演を 受諾していただけたということで、ありがとうございます。 2010年2月に、派生開発での現場の混乱を少しでも軽減したいということでこの団体を設立し、来年の2月で設立丸5年になります。私にとって、まさにあっという間の5年間でした。団体の運営というものもよくわからないままに、正義感と使命感で設立したものですが、幸いにも多くのメンバーに助けられながら、今日では、「派生開発推進協議会」あるいは「AFFORDD」という団体が認知されるようになってきました。また、研究会の活動成果も世の中に出せるようになってきました。そのような中で、平鍋さんを基調講演にお呼びできることを嬉しく思っています。私の中に、「ここまで来れた」という達成感を感じています。 この時、「本当に助けられてきた」ということをしきりにおっしゃっていたのを覚えている。また、アジャイルの動向について2014年頃議論したときのメールにはこんなこともおっしゃっていた。 ….一つの時代の区切りを感じました。 確かに、今の「ソフトウェアエンジニアリング」は「管理」に重点が置かれています。このことは起源の背景からヤムを得なかったと思います。それが必要だったのと、市場の要求はそれで「間に合った」わけです。 今日まで、「ソフトウェアエンジニアリング」はこの文化の上にいtろいろな手法や考え方を積み重ねてきましたが、時代の変化や技術の変化、市場の要求の変化の中で、合わなくなってきたのでしょう。それが「人」を感じさせないものになったのだと思います。私自身「世の中は無常」と言い続けてきましたが、SEMATの資料を読んで、あぁ、ここに踏み込むんだ! ここも『常』ではなかったんだ!という感じです。 一つの時代の区切りなのでしょう。良いと想います。 時代の流れの中で 変わるものと変わらないもの 変えるものと変えないもの の選別と構築が必要です。これが『常』です。 今日は、清水さんを偲んで、少し書きました。実は一緒に撮った写真を2時間ほど探していたのがほとんどの時間だった。結局みつからず。 こちらも許可を得ず、清水さんのfacebookから写真を転載します。きっと清水さん、許してくれる。ぼくらに勇気をくれた、あんちゃん、ありがとう。  

Read more "清水吉男さんとの思い出"

Unity ハンズオン in 福井

Unity のハンズオン勉強会が福井で 開かれました。http://www.kokuchpro.com/event/fukui_unity_20170826/ 当日は、Unity から常名 隆司 さんにメンターに来ていただき、手取り足取り、Unityでのモデリングを30名で楽しみました。 ワークショップの様子はこんな感じ。 ぼくは初めて触ったのですが、簡単に3Dのモデルが作れていくんですね。UIもこなれていて慣れないうちは大変ですが、徐々にさくさく操作できるようになりました。 使った資料はこちらです(これが一番近い公開されているものだと思います)。 最初は床を平面(Plane)で作って、その床に「跳ね返る」プロパティを与え、立方体(Cube)やボール(Sphere)を加えていきます。[Play]ボタンを押すと、ボールが重力に従って床に落ち、数回バウンドする様子が簡単に再現できます。(ここまでなんと、30分) ダンゴ3兄弟 ここで課題です。串に刺した3つのダンゴ(細長のCyindarに刺した3つのSphere)を作るというものです。結構位置の調整に苦労しましたが、なんとかできました。ぼくは3色ダンゴを目指しました。 強力なアセット Unityには「アセット」というライブラリ機能があり、誰かが作った強力なコンテンツの素材を使う(買う)こともできます。今回紹介してもらったのは、家具のアセットです。こんなシーンが、、、 このアセットを使ったシーンの例です。ちょっとマシンパワーは必要ですが、ぼくのMacBookAirでもこの中をリアルタイムにウォークスルーすることができました。 昔(20年前)、OpenGLを使った3Dモデリングやレイトレーシングを使った高精度レンダリングを仕事でやっていたのですが、今は、映り込みや反射、光の散乱なども「リアルタイムに」できてしまうのですね。。。。びっくりです。 全体写真 デザイナーの山森さんのツイッターより。全員の写真です。運営していただいたみなさん、ありがとうございました。 みんなお疲れ様でしたー!またやって欲しい!#MA_2017 #fisc pic.twitter.com/pDm9zP8f8T — やまも (@kotobuki555ing) August 26, 2017   Mashup Award 知っている方は知っていると思いますが、福井からはマッシュアップアウォードに参加して、優秀賞、最優秀賞を取られている人が多いのだそうです。 ぼくも、Melocy という音楽ネットワーキングソフトが大好きで、自分でも録音したり友達と重ねたりしています。これを作っている ignote の中西 孝之さんとも何度もお会いしたことがあります。 今日の参加者の中から、Mashup Award 2017に参加する方が何人もでるようです! 好きすぎるので、Melocy のリンクも左に貼っておきます。

Read more "Unity ハンズオン in 福井"

アジャイルジャパン福井サテライト – Agile and Zen

本日福井の永和システムマネジメントにて、アジャイルジャパン2017の福井サテライトを開催しました。テーマは、Agile and Zen禅、ということで、永平寺のオプショナルツアー付きです。 僕にとっての意味 僕としては、福井で開催する初めてのアジャイルイベントになります(ほんとです)。永和システムマネジメントの東大樹さんが、主催を申し出てくれて今回の運びになりました、ありがとう!   千葉や大阪から参加してくれた方がいました。曹洞宗がお好きな方もいらっしゃいました。そとから来られる方に、福井の良さを知ってもらうために、僕がなぜ福井にいるか、大野にいるか、を知ってもらうことも意味が大きいのです。なので、永平寺については、なるべく丁寧にご案内したいと思いました(時間足らずでごめん!)。ということで、ぼくのスライドです。 基調講演(ビデオ) 正直、この基調講演(Joshua のモダンアジャイル)を福井で流して議論するのは辛いと思いました。というのは、米国の現状と西海岸ベースの産業構造と、福井でソフトウェア開発をすることのギャップについてです。これについては、ぼくはぼくなりに悩んでおり、会社の中でもどのようにアジャイルムーブメントに(永和のアジャイル事業部だけでなく)社員の幸せをつなげていくのか、ということが課題だからです。 ちょうど参加者には、ITサービス事業部の高砂さんがいて、同じ悩みをそのまま語ってもらえたのは嬉しかった。予算と期日と品質のトライアングルを、顧客と共に悩んでいる人がたくさんいます。同じ事業部の橋本さんも、参加してくれました。アジャイルでの開発を昨年からトライし、何度か難しい場面を乗り越えて来たプロジェクトです。 基調講演のスライドは、こちらです。 ワークショップ 顧客と協調することが、よい結果(価値の高い)を生み出す、というワークショップをやりました。オリジナルは、安井力さん作のゲームです。これの西村直人さんによるスライドを貼ります。 このゲームは本当に秀逸で、過去10回くらいやっていますが、今回も「何か」を気づいてもらった感じが参加者からしました。 (実は独自の「平鍋オリジナルの秘密の工夫」を毎回入れています。今回、このトリックに気づいたチームは1つでした。でも、分かる人は分かるみたい。品質保証かテスターの人を一人チームに入れるとこの工夫は際立ちます) そして永平寺 いやー、よかったです。それぞれのポーズは座禅参加者にしか分からないでしょう。 懇親会 ごめんなさい。参加できませんでした。今、facebook での盛り上がり写真を見ました。。。。またみなさん、来年お会いしましょう。

Read more "アジャイルジャパン福井サテライト – Agile and Zen"

Thank you Agile Japan 2017

今回も「アジャイルジャパン 2017」の実行委員として参加しました。今回は、500名を超える参加があったとのこと。セッションや議論、Mob Programmingや、ワークショップ、そしてネットワーキング、スポンサー展示と、同じ課題を共有し未来を考える人たちに、勇気を与える体験を提供できたとしたら、とても嬉しい! 基調講演 Joshua Kerievsky さんに “Modern Agile” の基調講演をお願いしました。Modern Agile と Joshua については、「ぼくのブログ紹介を」参考にどうぞ。 XP, Scrum,などの方法論がAgile Manifestoとして一つのムーブメントになったAgile1.0 から時代は16年が過ぎています。モダンアジャイルは、 「ソフトトウェア開発」のみにフォーカスすることなく、また、 既存の「プラクティス」に固執することなく、 ビジネスと人、との関係についてアジャイルを捉え直そうという活動 と私は捉えています。以下が新しく定義されたモダンアジャイルの4つの原則です。 人々を最高に輝かせる 安全を必須条件にする 高速に実験&学習する 継続的に価値を届ける また、今回も、ぼくが(毎年恒例の)逐次通訳をやりました。内容についてぼくからの補足や「思い」も乗せていまが、毎回、聞き取りやすい英語で話していただけるので、徐々に「通訳」の頻度を落としていこうと思います。 その他にも、この基調講演のブログを発見しました。 水越さんブログ http://akiyah.hatenablog.com/entry/2017/04/13/172803 Masamichi Otsuka さんの資料 https://speakerdeck.com/radiocat/modernagile 「ぼくのブログ紹介」にも概要と解説があります。 興味のある方は、facebook の日本語グループにもご参加ください。 Modern Agile JP https://www.facebook.com/groups/modernagilejp/ 気になったセッション 「高信頼性ソフトウェア開発へのアジャイル手法適用」 ぼくがセッションリーダーを勤めたD会場では、eSOLトリニティの宿口さんの講演が一番人が入っていたようです。この分野とアジャイルの関係は難しいとされています。特に機能安全規格(ISO26262)、既存プロセス(Automotive SPICE)等との整合の考え方です。ただ、最近自動車業界では自動運転やコネクテッドカーが活況。そこでは実験的領域や利用者を巻き込んだ要求づくりが注目されていることも、アジャイルに注目が集まることに起因していると思います。 Mob Programming モブプログラミング(Mob Programming)には、Joshua も参加して、elm言語にて TDD でライブプログラミングが行われていました。みんなが触ったことがない新しい言語で1つのプログラムを書いてみる、ということで大変もりあがっていました。 水越さんブログ http://akiyah.hatenablog.com/entry/2017/04/14/180852 ( @fullvirtue のツイッターより) パネルディスカッション 森崎先生のモデレートで、藤井さん(KDDI)、新野さん(pubickey)、岡さん(ゼンアーキテクツ)、そして私でのパネルです。 […]

Read more "Thank you Agile Japan 2017"

Modern Agile Workshop by Joshua

今年のアジャイルジャパンの基調講演は、Joshua Kerievskey によるModern Agileです。翌日、4/14に、本人によるModern Agileワークショップがあります!ぜひ、ご参加を検討ください。 モダンアジャイルワークショップ(1日コース) アジャイルの再定義について学び考える一日。今までの具体アジャイル手法(例えばスクラムを導入する)ではなく、2017年現在の世界のアジャイルを見て再定義された、今風のアジャイル導入の新しい「エントリーポイント」となると思っています。 モダンアジャイルの4つの基本理念がどのように意思決定を行うか。 カルチャー、コード、プロダクトの安全性を高める方法 摩擦ポイントを明確化し、プロセスをシンプルにする方法 チーム全体がいつでもよりよい働き方をに発見しようと意欲を持つ方法 概要こちらです。 日時:2017年4月14日 (金) 9:00-18:00 場所:永和システムマネジメント 東京支社 定員: 20名 参加費: 86,400円(税込み)  Agile Japan 2017登録者特別価格: 58,320円(税込み) 詳細: http://agilejapan.org/modernagile_0414.html 場所は、神田の永和システムマネジメント東京支社のコワーキングスペースをお貸しすることになりました。   Modern Agile について、そのほかの情報はこちらから。 野口さん(enk (id:enk_enk))のブログhttp://enk.hatenablog.com/entry/2017/02/10/200841 以前にこのブログでの紹介 https://anagileway.wordpress.com/2016/10/07/modern-agile-jp facebook にグループがあります。 https://www.facebook.com/groups/modernagilejp/  

Read more "Modern Agile Workshop by Joshua"

Digital Innovation Leadership with Jeff, Nonaka(野中郁次郎先生) and Takeuchi(竹内弘高先生)

(※ EDIT: 2/28 野中先生のスライドを加えました。写真加えました。) Digital Innovation Leadership (~ビジネスを創造する組織戦略~)が、今週水曜(2/15)、ウェスティンホテル東京にて行われました。ぼくもパネルディスカッションのモデレータとして呼ばれてお話をしました。(後の方にぼくのパネルの資料を公開します) Jeffのスクラムの話 スクラムは、アジャイル開発の一手法であり、現在最も人気のある手法でもあります。今回のトークは、Silos(サイロ=組織の壁)、Transparency(透明性)、Happiness(幸せ) というタイトルのでした。組織の壁を越えること、仕事の役割の数を減らすこと。仕事の中身を透明に見えるようにすること。 今回は、特に「ハピネス」の話に力が入っているように感じました。幸福度が高い営業の方がよい成績を上げることも、幸福度が高いチームがよい生産性を上げることも、統計的に有意になっています。このことは、「働き方」としての改革がスクラムには含まれていることを示しているのでしょう。新しいマネジメントの思考(マインドセット)がスクラムには必要なのです。 KDDI藤井さん 藤井さんはSun Micro, Google と渡り、西海岸でできている仕事のやり方が、なぜ日本でなぜできないのか、という疑問を解決すべく、KDDIで活動されています。そのためには、ソフトウェア開発だけでなく、商品企画もアジャイルでなければならい、という結論を得て、企画のプロセスを変えることにも取り組んでいるのだそうです。 野中郁次郎先生 今回も一番インスピレーションに富んだお話。スクラムの根底にあるのは、知識創造、がどこからやってくるのか、というモデル、SECIモデルです。イノベーションはPDCAでなく”S”(Socialization)から始まる。つまり言葉にならない暗黙知を共有する共体験の世界。人間は母との関係から、つまり二人称から始まる元来ソーシャルな存在。一人称の前に未分化な”I-You”関係がある。そこから言語を得て一人称を発見する。その後ようやく他者を客体視する事ができ、”I-It”関係を得る。Itを得て分析ができるが、決して分析が先ではない、という話です。「だから、女房を説得できない男は世界を変えることはできない」というオチまでついて、深い示唆と笑いに包まれた講演でした。(2/28 EDIT: スライドを許可を得て公開します) パネルディスカッション ぼくがモデレータを務めたパネルです。Scruminc のAvi、 JISA会長の横塚さん、KDDIの藤井さんに登壇いただきました。 デジタルビジネス時代が訪れ、海外企業がどんどん「小さなチームによるイノベーション」を始めています。そのチームが市場を創造しながら製品を作っていく。大企業の中でもスタートアップ的なアプローチのチームが増えているのです。そこではアジャイル開発(ビジネス開発も含めて)が行われている。日本の中でも、大企業が小さなチームの力に気づきはじめています。海外の話をAviに、日本の話を横塚さんと藤井さんに振りながら議論が進みました。 交流会 交流会はなんと、竹内先生(スクラムの名付け親のもう一人)にご挨拶いただきました。ボストンでJeff夫妻の定期的に食事をしているとのこと。日本の製造業からはじまったScrumという言葉が米国のソフトウェアで花開き、ブーメランのように日本に戻ってきた。そんな状況になるとは思ってもみなかった。というお話でした。 このイベントの意味 スクラムはJeffとKenによって形式知化され、竹内先生と野中先生の1986の論文、The New New Product Development Game がインスピレーションの大元になってその名を付けられています。ですので、Jeffはスクラムの父(father of Scrum)、竹内先生、野中先生は、スクラムの祖父(grandfather of Scrum)というわけです。その3人が集まるというのは初めてという世紀のイベントということです。2011年に川口さん、前田さんらとJeffと野中さんの初顔合わせを企画した Innovation Sprint 2011 のことを思い出します。 現在の日本、Webサービスを事業コアに持つ事業会社、スタートアップの中では標準になりつつあるアジャイルですが、既存産業の中ではまだ浸透していません。(日本でいう)ユーザ企業と(日本でいう)SI(システムイングレーター)およびその下請け構造の中ではウォーターフォール型の開発がまだまだあります。しかし、SoE領域の開発、イノベーションの領域では大企業の中でも小さなチームで新規サービス開発に臨む、ということが徐々に始まっています。 そこで、このイベントではユーザー企業の経営者を中心に参加者を募ったそうです。会場はスーツで埋め尽くされ、ぼくも、とても緊張したイベントになりました。でもこの層の方々にも十分納得いただける内容だったのではないか、と思っています。もっともっとアジャイル開発が増え、エンジニアの力がビジネスを変える源泉になるよう、ぼくも活動していきます。 スクラムの概要と歴史、日本との関係、日本から出たイノベーションモデル、日本企業でのアジャイル事例、などにご興味があれば、ぜひ、野中先生と私の共著をお読みください! 『アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント』 平鍋 健児、野中 郁次郎(著)

Read more "Digital Innovation Leadership with Jeff, Nonaka(野中郁次郎先生) and Takeuchi(竹内弘高先生)"

how serendipity changes the world

出会いと世界 今日、思いがけないことがあったので書きたいと思った。今週は、Jeff Sutherland を日本に招聘してScrumのプロダクトオーナー研修、スクラムマスター研修を手伝っている。もちろん、アジャイルの考え方やプラクティスを日本にもっと広げて、エンジニアの気持ちとビジネス成果を直接結びつけることがやりたいことだ。 でも、もっと本質的には、誰かの役に立ちたい、その思いを持った人ともっと出会いたい、人生の時間のなかで、「出会い」、が本当に意味を持つということを自分自身が体験したい、という欲求が自分の中にある。 今日、それを思い返す出来事があった。 3年前 ぼくは生牡蠣が大好きで、赤坂見附のOyster Barで飲んでいた。隣の席に、熱く仕事の議論をしている二人の男性がいて、「次の新しいサービスをアジャイルで作りたい」という思いを、旅行会社のビジネスオーナーに語っている。聞けば聞くほど、自分の思いをアジャイルという手段を用いて、なんとかしたい、という気持ちが伝わってくるので、聞いているうちにいてもたってもいられなくなった。気づくと、 「あの、いまアジャイルの話をしていますか?」 と話しかけてしまった。 当然、その彼はぼくのことを知らなかった。そして、アジャイルというものを夢と同じ意味で使っていたかもしれない。でも、その話の中心は、ビジネスをもっとよくしたい、その手段としてのアジャイルの可能性、自分ができることのコミット、を感じた。 ぼくはいてもたってもいられなくなって、実はアジャイルというものを信じている一人なんです、ぼくは、、、、という自己紹介を隣のテーブルにして、その時持っていた本を渡し、何か手伝えることがあれば、というメッセージとともに名刺を渡してその席を後にした。 今日 スクラムのプロダクトオーナー研修のあとで、川口さんがScrum Gathering Tokyo の retreat を開催してくれた。そこには、SGTのメンバーがTシャツを着て参加してくれ、Jeff を囲んだ会を催してくれた。これまでのSGTの歴史を振り返り、Jeffのスピーチを聞き、実践者の歓談の機会を作ってくれた。 会も盛り上がって、そろそろ、となったときに、ある人が声をかけてくれて「平鍋さん、ぼくのことを覚えていますか?」と聞いた。ぼくは「すみません、おぼえていません」と正直に答えた。そうしたら、「実は3年前に、飲み屋で声をかけられたものです」、という。 ああ、と思い出した。今日のこのブログを書くまで正直思い出せなかったのだが、あの赤坂のOyster Barで話をした彼だった。その彼が、石井さん、という、今日この場に参加してくれた人だった。 セレンディピティというのはこのことか、と思った。人に影響を与えることが、本当にいいことなのかどうか、ぼくは分かっていない。でも、影響を与えないで人生をすごすことはできないとも思う。恋愛、仕事、趣味、すべてそうなのだけど、すごいタイミングで何かがおこり、それが目に見える形で自分の前に現れた時、ああ、と思う。 スクラムやアジャイル、という言葉の前に、そんなキラキラした人生の粒を感じられることを、仕事の意味に思う。 そして、今、彼は自宅の自営業を継ぐ決心をし、アジャイルをその業界で広めようとしてる。そんな話を淡々とできる、今日という日に感謝。 なんて日だ!石井さんありがとう!

Read more "how serendipity changes the world"